介護の仕事をする時のテクニック!腰痛予防をしていこう!

介護の仕事は腰を使うシーンが沢山出てくる

介護の仕事は単純に高齢者とお話をするだけの仕事もありますが、特別養護老人ホームなどでプロの介護士として働く時には、移乗介助を行ったり、入浴介助を行ったりする機会が出てきます。なので、これから介護の仕事をする人は、プロとして働けるように色々と勉強をしたり、その準備をしておくことが大切です。また、介護の仕事をこれからするに当たって特に気をつけたいのが腰を守ることです。腰は介護士の資本のようなものなので、それが悪くならないようにしていきましょう。

腰痛ベルトで介助する時の腰痛予防

介護士の仕事をする時に、特に腰を使う介助動作が出てくる時には、その時だけ腰痛ベルトを使うと良いです。サポーターのようなもので、それを使うだけでもかなり腰への負担を減らす事が出来ます。介護士が仕事をやめる原因としては、腰痛が上位にのぼって来ることもあるので腰痛ベルトをしてしっかり腰を保護していきましょう。また、腰の他に介護士の仕事をしている中高年の場合は膝などにもサポーターをつけると良いことがあります。

介助方法を変えるのも手

また、介助方法を変えるというのも腰痛予防方法として使えます。無理な介助は腰痛の元になりますので、時間が無いからと高齢者を抱きかかえて移乗させたり、無理な体勢での介助はしないことが大切です。無理な体勢で介助しようとすると、それは介護事故に繋がる可能性も高くなってきます。正しい介助方法で介護することは結果として、自身の腰を守ることにも繋がってきます。以上の事を踏まえて、介護の仕事をしていくようにすると腰を痛めずに長く仕事が出来ます。

介護の求人を横浜で選ぶ時には、各自の資格や経験などに応じて、研修制度がきちんと用意されている施設を見極めることが重要です。