子供好き必見の資格!?保育士の資格って?

保育士になるには!?保育士養成課程を修了しよう!

保育士になるにはどうしたら良いのでしょうか?保育士になるスタンダードな方法には保育士養成課程を修了するという方法があります。これは国が指定する保育士を養成する為の大学や短期大学、専門学校に通い決められた科目・課程を履修し、保育園と児童福祉施設での校外実習を行うと卒業後保育士資格を取得できるというものです。この方法では保育士試験を受けずに保育士の資格を得る事ができます。また、2年制の短大や専門学校では手遊びなどのすぐに保育で実践できる内容を学ぶ一方、4年制の大学などでは子供の心理や母親のカウンセリング方法などを学びます。

保育士になる別の道!?保育士試験って?

保育士になる方法は保育士養成課程を修了するしか方法がないのでしょうか?そんなことはありません。実は保育士になる方法にはもうひとつあり、保育士試験を受験し合格する方法があります。この方法では、大学や短期大学の学部や学科に関係なく2年以上在学していて62単位以上習得していれば受験する事ができます。また、1991年3月31日以前に高校を卒業した人や児童福祉施設での実務経験が高校卒業後で2年以上、中学卒業後で5年以上ある人も受験する事ができます。

保育士と幼稚園教諭の違いって?

保育士と幼稚園教諭の違いはなんでしょうか?保育士は仕事などで子供の面倒を見る事ができない母親や父親に代わり子供の保育を行う専門家の事を指します。一方で幼稚園教諭の場合は子供の心身の発達や健やかな成長を手助けする専門家になります。このような違いがあるため、保育士が保育を行う子供の年齢は0歳~就学前になります。また、保育士資格と幼稚園教諭の資格にはお互いに資格取得の際の特例があり、受験内容の一部が免除されるようになっています。

保育園の求人は全国にたくさんあり、専門の求人サイトを利用して、働く人が増えています。口コミや役立つ情報もあります。